スムーズなマンション売却に自身が協力できる事

マンションを高額売却できた体験談

私が体験した不動産物件取引は、古いマンションでも高額売却を実現した時の話です。
取引前にある程度近年の取引の傾向を調べていた私は、現代において新築物件よりも中古物件の方が需要があるという点を理解した上で取引に臨みました。
私が所有していたマンションと近年の取引傾向にマッチした条件は、大手ハウスメーカーが建設している点と公共施設や教育機関が周辺にあるという点です。
この話を実際取引に協力してもらった不動産屋に話してみると、その条件だけで既に購入者希望者が複数いる確率が考慮されたので具体的な相談ではなく取引相手を探す作業を行ってもらいました。
その結果複数の該当者がいたのですが取引の条件に、築年数の指定をしている方は少なく指定していても新築よりも中古取引である程度購入費用を抑えたいという方が多数存在した事を覚えています。
特に印象的だった取引相手は古くてもいいから、とにかく利用数の多い沿線の近くがいいという方で、最終的な取引はこの方と進めていく事になります。
この取引過程で最も強く感じたのは、近年では勤務時間の形態が多目的に増えて局所的な需要が増したという点です。
取引相手が視察した時には周辺地域やライフライン設備に関する要素を確認する事が多く、取引書面にもその点を不動産屋に詳しく記載してもらいました。

マンションを高額売却できた体験談売却前に高く売れるように内装をできる限り綺麗に家具の譲渡で購入者の満足度を向上

マンションの売却不動産売却一括査定